犬と家族

病気は犬だってかかる|癌は人間より進行が早い

小鹿を思わせる小型犬

犬と猫

ミニチュアピンシャーが人気の理由は、可愛らしい顔つきです。ミニチュアピンシャーの豆知識は、落ち着かせることを覚えさせる点です。衝動的な動きをコントロールできれば、ミニチュアピンシャーとの楽しい生活を満喫できます。

詳細を読む

患者が増加中

医師と飼い主

人と同じ

犬もいろいろな病気にかかることがありますが、人と同じく癌になる犬も数多くあります。人でも癌となると大きな病気ですが、犬に取っても同じで身体が小さい分、致命的な病気になる可能性が高い病です。この病気への注意点は人と同じです。肥満傾向や運動不足、さらに栄養の偏りなどによって癌になるリスクが高まるといわれています。種類も人と同じように内臓にできるもの、血液が癌細胞に侵されてしまうものがあります。そのため、この病気にならないためには人と同じように健康に注意をしておくことが大切になります。偏った栄養状態にならないようにすること、過度にストレスがかからないようにすること、適度な運動をすることが大切になってきます。

進行が早い

犬の癌の特徴として、人と大きく違うのが進行の早さです。人の場合には身体が大きいために転移をしたとしても比較的進行に時間がかかっていきますが、犬の場合には身体が小さいために非常に進行が早く、発見されたときには月単位での覚悟が必要になることが多いです。こうした特徴のために高齢になってきたような犬を飼っているときには人と同じように定期的に健康診断を受けていくことが大切になります。人であれば1年ごとに受けていくのが一般的ですが、犬の場合には進行が早いためにできれば半年に一度ぐらいで受けていくのがよいです。また、体調が悪くなったと感じたときには早めに医療機関を受診することで病気を早期に発見することができます。

犬と快適に暮らすために

犬

ペットである犬のしつけは犬が人間社会に適応して生きるために必要です。きちんと主従関係を確立するのがコツです。子どもも含め人間が格上であるということを最初に教えねばなりません。終始一貫した態度が必要です。しかるときは体罰はよくないので注意しましょう。

詳細を読む

ペットが亡くなると

ペットの墓

ペットは家族です。悲しみや苦しみは同じようにこみ上げてきます。ペット葬儀屋も増加していますので利用しやすくなりました。火葬から葬儀、永代供養、様々な供養の形があります。亡くなったら相談することをお勧めします。

詳細を読む