犬とレディ

病気は犬だってかかる|癌は人間より進行が早い

小鹿を思わせる小型犬

犬と猫

愛らしい顔つきが人気

ミニチュアピンシャーは、ドイツ原産の小型犬です。その歴史は古く、17世紀から長きにわたって愛玩犬として親しまれています。ミニチュアピンシャーが人気の理由は、可愛らしい顔付きです。ピンと立った耳と大きな目は、見る人を惹き付ける力を持っています。そして、すっきり通った鼻先は、愛らしさの中に聡明さを感じさせます。また、凛としたシルエットも魅力です。体長50センチ程度の大きさながら、細身で引き締まった身体つきを持ちます。それゆえ、ドイツでは、小鹿という愛称で親しまれています。そのスタイルの良さから、ドッグショーでは何度も優秀な成績を収めています。さらに、ミニチュアピンシャーは、縄張り意識が強い特徴があります。よって、番犬としても有能です。

落ち着かせる躾が大切

ミニチュアピンシャーは、ネズミ獲り用の犬を品種改良して誕生した犬種です。そのため、動くものに敏感なうえに、常に快活に飛び回ります。その結果、家の中のモノを壊したり、散歩中に迷子になるケースも多々あります。そこで、ミニチュアピンシャーの豆知識は、躾においてクールダウンをしっかり覚えさせる点です。「待て」や「ハウス」など、行動を落ち着かせることしっかり教えて、暴れまわらないようにします。このようにして、動きたい衝動をコントロールすれば、ミニチュアピンシャーとの楽しいペットライフを満喫できます。また、ミニチュアピンシャーは、小型犬ながらもそれなりの運動量が必要です。よって、1日2回の散歩はもちろん、家の中でもボール遊びなどで十分に遊ばせるようにします。